RING CLUB
  市野治美ブログ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  カテゴリ:呑道( 5 )
  おめでとう!!
また誕生日が来てしまいました!

…って来てみたら
うへえ。
被爆したあとのような、殺伐としたブログだ…
さすがに、これはひどい。反省です。

おかしら花を添えていただいて、ありがとうございます(涙

ちく~!!!あんなにすごいものをありがとう!!
やっと受け取って、何かと思えば毎年の、で。
こんな私に、よろしいんでしょうか?

まずは取り急ぎ、誕生日ありがとう報告から。

ところで、大文字ってどうやるんだ?
[PR]
by ringclub | 2006-07-03 11:07 | 呑道
  あけましておめでとう!!!!
今年もよろしくおねがいいたします。

とりあえず…
[PR]
by ringclub | 2006-01-01 09:58 | 呑道
  今年も一年ありがとうございました!
もうすぐ年も暮れます。
今年もいいかげんな私に付き合っていただき
ありがとううううう。
来年は年明けから、うれしいイベントもあるし、
いまからうきうきです。

来年がみなさまにとって
素敵な一年になりますように。
[PR]
by ringclub | 2005-12-31 18:59 | 呑道
  その日の落書き
とある出版記念パーチーで、落書きってきました。
シャンパーニュ片手に、スピーチの間にこそこそっと。
やっぱり外人は濃いわ、顔。なんかすぐキャラになりそう。
ちなみに横の数字。その本の出版に当たり、とある企業が
寄付した金額。冊数で報告してたので、単価を掛けてみました。
豪華版とはいえ、うらやましい。
ちなみに普通の単行本の自費出版は、PR付きで300万前後が一般的。
そういえば先日BarWで隣り合った女性が、自費出版で
詩集を出した話をしてたなあ。
友人も本を出したいと言ってるし。
なんか周りに本制作、本制との流れがあって、ちょっと落ち着かない気分。


e0014711_5422177.jpg


パーチーではやっぱり、一心不乱にシャンパーニュ呑みまくりでしょう。
つまみの肉まん、カツサンドには目もくれず。
でもシャンパーニュ、ワインにこのメニューはどうよ?
ところが合います。ばっちり。
パーチー後の店、銀座のワインバーのソムリエも頷いておりました。
下手なカナッペなんかより、間違いないみたい。お試しあれ。
なんてことを話しながらピノ・ノアールほぼ1本。
その後、なかなかタイミングが合わなかったK嬢を呼び出せば、
即座に飛んできてくれて、BarAにてマスターから御馳走の
ボジョレーヌーボーで乾杯。
”私の体には血の代わりに、ワインが流れてるの”てのは
川島なお美の迷言ですが、そんな気持ち。
お酒はよいものを、気の合う人と、いつまでも(おい!)。
[PR]
by ringclub | 2005-11-21 05:23 | 呑道
  モノグサはなぜカワウソに似ているのか
お久しぶりです。
メールにしても、電話にしても、ブログにしても、
最近では飲み屋ですら、開口一番がこれ。
鬱じゃないです。そんなこといったら、鬱に申し訳ない。
単にモノグサが高じているだけでして。
モノグサ…。このなんとも、あの木からぶら下がってる
猿もどきを連想させるアホ臭い響き。
それに比べて、鬱。もう字面だけで、重々しい。
空じゃ書けない。一体何画あるのよ、しかも自動変換すると欝
ってのも出てくる。更に荘厳。
格が違うのよ、漢字になってしても物臭なんてのとは。
おや、懶ってのもありますね。なんかカワウソに見えるんですけど。
よりによってモノグサと対局にいるような、活動的な動物をなぜ?
変換してなるほど、獺です、漢字。げ、人と獣の違いだけかい。
さて欝は人に同情されますが、モノグサは責められ馬鹿にされる。
「すみません、最近ちょっと欝で…」
「すみません、最近ちょっとモノグサで…」
相手の反応は言わずもがな。
得意先を無くし、アルバイトを首にされ、友人から見放され、親に罵倒される。
モノグサな人間は動きが鈍いけど、モノグサという言葉はその本人以外の人をやたら行動的にするよう。欝は全く逆。心療内科オタクを別として、
”私、欝なのよね…”攻撃を受けた相手は、あらゆる攻撃力を失ってしまう。似た攻撃力を持つ言葉に、”末期がん””虐待””この店、今日で閉めるんです”などなど。突然、”ほぎゃぴえ〜”と絶叫するのも部類に入ります。かなり威力あります。
”欝は病気です、自分ではどうにもならないんです、助けてあげましょう。”欝撲滅?キャンペーンCMがますます追い風を送ってる。鬱、無敵。
あのCMそっくりモノグサで作れるね、松尾スズキ、古田新太ご出演で。
”いつからですか?”と聞く画像が浮かんで、今腹が痛い。
やー!やっぱりモノグサキャラは。神楽坂の超ド級横綱には似合わないわ。

というわけで、やっぱりそろそろ懶から獺になるべくと
月始まりでもあるし、ブログを始動いたしました。
気づいたみなさん、付合ってやってください。
恐い実話が一杯出ます。実は暗いんですう、私。
[PR]
by ringclub | 2005-11-01 03:07 | 呑道